資格を取得しておこう

医療事務として働くために必須な資格はありません。そのため、資格が無くても採用される可能性はあります。しかしながら、最低限一つぐらいは資格を取得していたほうが、採用される確率はアップしますよ。

医療事務に関する主な資格や資格試験

  • メディカルレセプションクラーク
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務能力検定試験
  • 医療事務技能審査試験

医療事務は向き不向きがある

「医療事務の求人に応募したいけど、自分に向いているだろうか」と思っている方は少なからずいらっしゃることでしょう。そんな方のために、どのような人であれば医療事務に向いているのかまとめてみましたので、参考にしてみてください。

医療事務に向いている人の特徴

女性たち
no.1

数字に強い

一番向いていると言えるでしょう。薬剤師が患者さんの薬を正しく調剤するために数字と格闘しているように、医療事務もレセプト業務で正確に計算するために数字と向き合っています。ミス無くするためには、数字に強くならないといけないのです。

no.2

人と接するのが好き

医療事務は患者さんとコミュニケーションをとる機会が多いです。患者さんに負担をかけることのないように、受付業務をスムーズにこなさなければいけません。そのためには、高いコミュニケーション能力が必要となります。

no.3

患者の気持ちに寄り添うことができる

来院する患者さんは、身体のどこかしらに不安を抱えています。そのため、医療事務のスタッフは、患者さんに少しでも安心してもらえるように配慮しなければいけません。思いやりをもった対応ができる人は医療事務として向いています。

医療事務として働きたいならパートから始めよう

履歴書

パートとして働くのもアリ

医療事務の求人には、正社員だけでなくパートを募集している場合もあります。パートとして働くことができれば、2つのメリットを享受ができます。一つ目に仕事と家庭を両立しやすいことです。パートの勤務時間は短く、残業もあまりありません。そして、扶養の範囲内で働くことができますので、女性としては、他の業界と比較して働きやすい環境と言えるでしょう。二つ目にスキル向上がしやすいことです。医療事務は資格や経験がなくても採用される可能性は十分にありますし、働きながら医療事務に関する知識をつけることができます。また、様々な医療機関で医療事務の需要がありますので、全国どこにいても働き口が見つかります。旦那さんが転勤になったとしても安心できますね。

[PR]
薬剤師の求人サイトを多数紹介
スキルを活かした仕事に就こう

[PR]
医療事務のパート求人を大公開☆
転職先選びをスムーズに進めよう

広告募集中