HOME>イチオシ情報>介護職の転職先の求人探しで失敗しないためのコツ

介護職の転職先の求人探しで失敗しないためのコツ

介護

まずは希望条件の整理から

介護福祉士の求人は数多く存在しています。多くある求人のなかから、理想的な求人に巡り合うためには、希望条件を明確化する必要があります。「給料は○万以上」「休日は週2日以上」など、具体的な条件を設定しましょう。そして、条件がいくつか決まってきましたら、優先順位をつけましょう。そうすれば、効率よく求人探しができますよ。

男女

貯金がどのくらいあるのか把握するのは大事

お金がないと生活をすることができません。そのため、貯金額が少ないと焦りが生じてしまい、冷静な判断ができないため、求人探しで妥協をしやすくなります。もし、妥協してしまうと自身と合わないところへ就職してしまう可能性が高いです。そうならないためにも、貯金額の把握をしたうえで、ある程度生活に余裕をもつことができるように考えてから転職活動をしましょう。

杖

いつまでに転職したいのか決めよう

スムーズに転職するためには、計画的なスケジュールを組む必要があります。転職の期間を設定しておければ、ダラダラすることなく行動をすることができるでしょう。しかしながら、キツキツなスケジュールだと、計画通りに動けないことが多いので、余裕のあるスケジュールにするのが大切です。また、日頃から面接対策することも、スムーズに転職するために重要ですよ。

面接で良い印象を与えるポイント

女性たち

挨拶をする

介護福祉士は業務中必ず人と接することになります。コミュニケーションの基本である挨拶ができないと、マイナスポイントです。入退室の時は、明るく元気な挨拶をしましょう。

説得力のある志望動機かどうか

志望動機は、面接の時に必ず質問されます。「なぜここの会社を選んだのか」を具体的に説明できるようにしましょう。どのような志望動機にすればいいのか悩む際は、求人サイトを介して転職アドバイザーに相談してみると良いと思います。

しっかり受け答えができるか

先述の通り、介護福祉士は人と接するお仕事です。そのため、面接官はコミュニケーション能力をチェックしています。面接官から聞かれたことは、きちんと返答できるようにしておきましょう。

清潔感のある身だしなみを心がける

人は見た目で第一印象が決まります。そのため、第一印象を良くするために、身だしなみは清潔にしましょう。家を出る前に、「髪はきちんとセットされているか」「スーツやシャツにシミやシワがないか」など、細かくチェックしてください。

広告募集中